プロフィール

ちゅん

Author:ちゅん
性  別 :メス
分  類 :NL専
     キャラ萌え
生息地 :はばたき市、
   跡部様主催学園祭
   榊監督所有南の島
   キングダムショッピングモール
   などなど
   素敵王子達のいる所
性 質 :お調子者の小心者
好 物 : 同学年・年下 
     ツンデレ
     ハッピーエンド
   みなさまの愛の拍手
主 義 :乙女ゲームは
   大きい画面で!!
 PS2専用D端子♪♪
  美麗画面でオススメ!!

カテゴリ
かってにご紹介♪

☆うりまろ様
全てがもーー素敵♪です!!
妄想万歳~~!!

☆お塩様
神です!!!ただうっとりです!!
お塩様の絵は大事な宝物です

☆kazu.y様
↑写真じゃないんですよ!
圧倒されます!

☆吾輩も猫である様
とにかくカッコよくて
美しい~~~!!!

リンク♪
最新記事
月別アーカイブ
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
検索フォーム

乙女のたわごと

あなどるなかれ!乙女ゲー♪♪  GS、テニプリ、韓国ドラマ他 素敵王子達にはまった私のたわごと&落書きのごった煮ブログです

私の名前はキム・サムスン 第6話

最近(^□^;になってはまってしまい DVDまで買ってしまった
韓流ラブコメ「私の名前はキム・サムスン」の
あらすじと個人的萌えどころを書いてております♪
ネタバレです!!

***********************
第6話      (サムスン、酒と雰囲気に酔って キスしちゃう編)

ヒジンをヘンリーがなぐさめているところを目撃し
誤解したジノンが、が~~~っくり帰る頃
サムスンは元カレのヒョヌにバス停で待ち伏されていました。

ヒョヌは自分の婚約式の前日だというのに
「社長(=ジノン)と別れろ」だって。
ジノンと一緒にいるサムスンを見て惜しくなったらしく
”チェリと結婚するが、サムスンと恋愛する” んだと。。(-▽-;
もちろん、サムスンに傘でボッコボコにされるんですけど
サムスンが ”愛でも未練でもなく、ただあの3年間は一瞬で忘れるのはムリ”
と言ったのを支えに、諦めないようです。
まぁ、呆れた奴ですが、この元カレのおかげで、なにかとジノンが燃えることになるので♪ 
裏の功労者ってことで、見逃してやろう


6月20日 翌日の婚約式
ケーキをつくり、式の様子を影から見つめながら
昔を思い出して泣いてしまうサムスン。。
様子を見ていたジノンが「大丈夫?」と言ってくれますっ!!!(≧△≦)
ごまかすサムスン。

式もとどこおりなく進み
サムスンのところに元カレ ヒョヌがちょっかい出しにやってきます。
自分が ”(サムスンの)店を出してやる”とか言うヒョヌに
思い出を汚さずにステキに去って欲しいと言って立ち去るサムスン。
そんな2人の話を聞いていたジノン。
「婚約したのに横槍ですか?」
バチバチとやりあった後、ヒョヌの胸ぐら掴んで
「彼女に近づいたらぶん殴る」 ウヒョーーーいいぞ~~♪

その夜
店の女性従業員たちは、屋台で
”いい男に出会えないのは ナゼかっ!?”
という話をしています。
これも可笑しい~!!どの国でもそうなんだねぇ。

で、
皆が帰ったレストラン
ワインを飲みながら、ピアノを たどたどしく触るサムスン。
チョップスティックスという曲だそうです。
そこにジノン登場。
悪態つきながらも一緒にピアノを弾いてくれます。(≧△≦)
「なんで泣いていたの?」と聞かれたサムスンが
「・・答えなきゃダメですか?」と言って、ぽつぽつと語った
”呆然としていた”というくだりが好きです。

結局ジノンも一緒にワイン(デザート用の残り物)を飲むってことになり
サムスンが2人分お酒やつまみを用意する間の、
ピアノをひくジノンの後姿の まぁ~~~素敵なことっっ!!


ジノンの質問にいろいろ答えていたサムスン。
なぜ”ヒジン”という名前がいいのかとか、いつか自分の店を持ちたいこととか。お父さんのこととか。
いつしか外は雨に。
酔いもまわってきた二人。
ジノンがヒジンのことについて聞かれて、答えずに、
つい弾いた「美しい人」という曲。
サムスンが歌ってジノンが弾くということになりました。
歌い終わったサムスンが、自分があんまり上手じゃないので
照れ隠しみたいに食べたケーキが口につきます。
最初ジノンに笑われるんですけど
結局ジノンが指でぬぐってあげるんですね。
またこのときの指のかんじがっっ!!(≧▽≦)
なーーんか 気まずくなる2人。。

「帰りましょうか」ってことになって立ち上がって
よろけたサムスンをジノン抱きとめ!!
サムスンが離れようとするので いったん緩めるも、再度手をまわします。
そんで4話のDVD鑑賞室と同じように顔を近づけ
”・・・目を閉じないの?”
この流れ、よくできてるなぁ~って思います。
4話のときと全て反対になってるんですね♪
ケーキ口につける人、指でぬぐう人、その結果。
なので!もちろん今度は、サムスンは目を閉じません!! しこたま反省してたしね(^□^

ということで!サムスンからキスしちゃいます。
ジノン ボー然。
さらにサムスンもう一度駄目押し。
ジノンも応じて長いキスシーンになっただよ~

んで、はっと正気になったサムスン 
ジノンを突き放して そのまま雨の中を走り去っていきます。
このときのアングルもニクイですーーー!!
店の外を歩くサムスンを映すときに、途中店内にたたずむジノンが見えるんですね、
シャツの色が効果的で綺麗だな~って思いました。


そんな翌日
お店掃除後のゴミだしで、ばったり会ってしまうジノンとサムスン。
なんか言いたげに、サムスンを目で追うジノンが・・・好きさ!
メールで社長室にサムスンを呼び出して (置いた帰ったサムスンのカバンを渡したかったよう)
夕べの一件の話に。
お互いに、自分が悪かったと言い張り、間違いだったと確認しあいます。
その後、いつものごとく ああ言えばこう言うの応酬になるんですが
オモシロイです!!
特にサムスンの「正気1%で、デブの年増に抱きついたんだから 0%なら大変でしたねっ!!」が(≧▽≦)


散々言い合った挙句、ジノンより偽カノ業務命令が。
明日はホテルオープン式典に出席のため 一緒にチェジュ島に来い と言われるサムスン。


一方、ヘンリーのお母さんの故郷がチェジュ島ということで
ヒジンとヘンリーもチェジュ島に行くようですが
ジノン一族のホテルオープンの新聞記事を見て、
ジノンが来るとわかったヒジンは そこに宿泊予約を入れるようです。
まぁこの前に、ヘンリーのお母さんが 目が見えないという話がでるんですけど
そのこと何度もヒジンに言ったみたいですが、ヒジン覚えてなく。。(-□-;そりゃヒドくね?
ヘンリーにはっきり ”あなたには なんにも感じないのよね” と言ったり
・・・興味ないにしろ、ヘンリー・・哀れナリ。。。




翌日 6月22日
チェジュ島 ソウルホテルオープンの日

ジノンの家が 宿屋は宿屋でもこんなリゾートホテルの経営だと
初めて知ったサムスン。。
そこにやってくるチェリと元彼ヒョヌ。またまたご登場~♪(^△^
(ヒョヌはホテル建設をした大手建設会社の次男坊)

はい!みなさんソウルホテルに集結でございます!!

そんなこんなで7話につづく。


全記事への拍手、拍手コメントどうもありがとうございます!
↓コメントへのお礼文です

続きを読む »

web拍手

私の名前はキム・サムスン 第7話

最近(-▽-;になってはまり DVDまで買ってしまった
韓流ラブコメ『私の名前はキム・サムスン』の
あらすじと個人的萌えどころを書いています♪
ネタバレです!!!

7話はね。。
最初はいいんだけど、後半がね。。。はぁ。。

**************************
第7話   (サムスン、サムシク(=ジノン)に告白しちゃうけど・・・編)

チェジュ島 ジノンの叔父さんのホテルオープン式典後
中庭での立食パーティ
坊ちゃま衆テーブルにて「お前も趣味変わったな」「あれはないだろ?」と言われてるジノン。
その先のテーブルで1人食事をがっつくサムスン。

そんなサムスンのところに 元カレ ヒョヌ登場~!!キタキターー(^□^
”ジノンに遊ばれてるんだから早く別れろ”ってさ。
で、スペイン出張土産だっていって小箱を出してくるよ。
そこにもちろん ジノン登場♪
”ふーん?”と箱からネックレスを取り出し、そのまま中庭の小川に ぽ~~~~~いっ と投げ捨て。(≧▽≦)
何をするんだと詰め寄るヒョヌに「手をだすなと言ったろ?」と一発お見舞し、はい、乱闘に。
サムスン止めに入るも、結局ヒョヌの腕を噛んで加勢。
そこにヒョヌの婚約者チェリもやってきて、女同士の激しいつかみ合いに。。
なんか、圧倒された男2人。お互いの彼女を抱えて引き離すことに。
サムスンを後ろから抱えるジノンというこの2人の姿がなんとも可愛くて好き
立ち去ろうとするサムスン達に、
ヒョヌが ”若造、俺がサムスンの最初の男だぞ!ヤーイ ”というサイテー発言。
制止するサムスンをよけてヒョヌを小川に突き落とすジノン (^▽^また火がついたね

サムスンの手を掴んで、ぐいぐい引っ張って歩きながら
二股は契約違反、偶然でもヒョヌと会わない努力しろと無理難題をいうジノン。
”自分以外の男と目をあわせるな 自分の言うことにだけ耳を傾けろ”だと。・・・(-▽-;

一方、揉めてるヒョヌとチェリ。
サムスンさんと付き合ってたなんて、レベル低すぎ!!とか言ってるチェリ。
ヒョヌは、サムスンに付きまとわれてただけ自分は被害者だと嘘ついてます。

もどって
ジノンの顔の傷の手当てをしているサムスン。
”(ジノンが)キレたことに惚れられたからと勘違いはしてない、同情して手が出たんだってのはわかる”と。
このときの、サムスンをじーーーーっと見つめるジノンの顔が た・ま・ら・んです!!!
「だけど、自分の言うことだけ耳を傾けろと言った言葉・・あれも失言ですか?」とサムスン。
「・・・・失言じゃない。・・イヤなんだ。他人の目を見たり熱心に話を聞いたりなぜかわからないけど・・・いやだ。」
ジノンの言葉とともに、それっぽいBGM流れ出す~
「・・・だめですよ。好きになっちゃ・・。6条を忘れたの?」サムスンったら、ドキドキ。。
「・・・・勘違いしてない?」
ぷっつりとBGM切れます。(^▽^
「誰が本気に?深読みしないでください。」とジノン。

”好きになって欲しいわけ?”
”社長が変なこというからでしょうが!”と言い合いに。
で、ジノンがサムスンの隙をついて
サムスンの腹を押してベッドに倒し、腹を枕にしちゃいます!(>▽<)
腹枕なんかと嫌がるサムスンに、これがイイんだと譲らないジノン。
そんなサムスンとの会話で、
”ほんと笑える。笑っちゃけないのに。そんな権利ないのに”と言うジノン。
”権利なんているの?”と聞くサムスンに
「理由は秘密なんだけど、教えたら何してくれる?」このときの顔がまたイイのっっ!!!腹枕の上の顔イイ♪
”聞きたくない”って言って起き上がろうとするサムスンを
またも押さえ込んで(頭でね)、頭枕キープのジノン。聞いて欲しいんだな!!サムスンに。 モモみたいだから?

そんな楽しい感じだったけど
”兄を殺した・・僕が殺したんだ・・”と
語られた内容はとっても重かった。。。
3年前に、ジノンが車を運転していて横転し、
同乗していた兄夫婦、後続のバイクの人が亡くなった。
ミジュとジノンが生き残り、ジノンは重傷、ミジュは言葉を発しなくなったんですね。
ジノンの事故回想シーンは、これが同じドラマか!?というくらいリアルで
血だらけ逆さまのジノンのひとりシーンが辛かった。。。でもすごいと思いました。

腹の上で泣くジノンの頭を、サムスンは優しく抱え、撫でてあげます。

その頃 同じく、チェジュ島に来ているヒジンとヘンリー
ヘンリー母の生家探しの後、眺めのいい展望台で、
”誤解をとくためにも彼に真実を告げた方がいい”というヘンリーに
”同情で元に戻ってもそれは愛じゃない”というヒジン。
ダメだったときにはヘンリーと♪と冗談言ってみるヒジンに
その後「俺はキープかよ」と韓国語で言わされるヘンリーがなんとも。
いい人だよ。。ヘンリー!!


またまた戻ってサムスンとジノン 
話は事故後行ってしまったヒジンのこと。
”待ってたのよ彼女を。まだ愛しているのよ。”というサムスンに
ジノンはっきりとは答えず。
そして、チェジュ島のハルラ山に登ったことを話しだします。

1度目お兄さんと登ったときのこと、
2度目のリハビリ後のときのこと。
2度目は、この足で登りきることが出来たらその苦しみも終わる と思ってのことだったと。
そして、頂上での一面の雲海を見たとき 自分を責めることも恨むこともやめよう
ヒジンが戻ったら、無気力な姿は見せまい と決心したって。

そしてサムスンに「今度一緒にハルラ山に登ろう」って言います。
その意味を考えるサムスン。確かに・・こんな話されたら思っちゃうよね
だけどジノンったら
「キム・サムスンさん、あなたを好きになったわけじゃないですから。わかってます?」だって!!!
わ、わけわからんわーーーーー!!!(>△<)

そしてラーメン屋に出かけようとしたところ
ロビーでヒジン&ヘンリーにばったり遭遇。。
”話があるから来て”とジノンの腕を掴むヒジンと
”行かないで!あんたも私だけの言葉に耳を傾けて”とサムスンも腕を掴みます。
女同士の戦いに、ヘンリーが入り、ヒジンを連れて行きます。
そんな2人を目で追うジノン。

サムスンとジノンはタクシーに乗り、もう空港にむかっちゃうんですが、
ジノンまさかの途中下車!!
「先に帰っていいから」だって。
サムスンも遅れて降り、ホテルへ戻るタクシー拾ったジノンに追いつきます。
ここでサムスン「行かないで!」と
ホテルに急ぐばっかりで聞く気の無いのジノンに、”好きになったの”と告白しちゃいましたよ!!!!
このときジノン困惑した顔で何にも言わずにさっさと行ってしまいます!!
おい!おい!おいーーーー!!(◎Д◎;  

そんな薄情ヤローな(--)ジノンは
ヒジンの部屋に乗り込み、ワケとやらを話せと喧嘩腰。
怒ってるヒジンは、”教えてやらない。一生、後悔すればいい”と。
詰め寄るジノンを制止して、ヘンリーが訳を話します。
”ヒジンは胃ガンだった。自分は主治医だ。”って。
そして席をはずします。 ヘンリーーー!!

何で言わなかったんだというジノンに
事故で兄を亡くし、重傷を負ったジノンには言えなかったと
ここではじめて ごめんなさいって言ったよ。
ああ、これで2人は元サヤだよ。
そうとも知らず、サムスンは、豚運送軽トラを拾ってホテルに向かってます。。。

飛行機を最終便に変更してもらって
サムスン、ロビーにいるヘンリーに気づいて同席します。
ジノンがヒジンの部屋にいることを聞いて行こうとしますが
ヘンリーから番号を聞きだせず。
あきらめて韓国語と片言英語でヘンリーと会話。
注文したマドレーヌの話から『失われた時を求めて』という本を紹介するサムスン。 
”あの2人も今頃 失われた時を求めているのね・・”というサムスン。。。(TT)
そーです。。もおおー!!すっかりイチャイチャしてる2人です。。。。なので略!


1人夜の空港に戻ったサムスンは
ジノンの留守電にメッセージを入れます。
”お兄さんの話をしてくれてほんとにありがとう。”
そして、自分も亡くなったお父さんと最後に会ったときのことを語ります。
最後だとわかってたらもっとちゃんと話をしたのにって。

その後、ハルラ山の方向を聞いて、見えない山を見つめながら
「お父さん、どうして私の恋はいつも上手くいかないの?」と
涙するサムスンが、切ないですっ。。。。。


ローテンションで8話へ続く。。。


前記事への拍手、拍手コメント、どうもありがとうございます!!!
↓コメントへのお礼文です

続きを読む »

web拍手

私の名前はキム・サムスン 第8話

最近(-▽-;になってはまり、ついにDVDを買ってしまった
韓流ラブコメ『私の名前はキム・サムスン』♪
あらすじと個人的萌えどころを書いてます。
ネタバレです!!

8話は・・・・つらいっす!!
サムスン舞い上がった挙句の、突き落とされなので。。

************************
第8話   (サムシク(=ジノン)よ、お前 それはないだろう?編) 

チェジュ島の日から、ジノンは3日、店を休んでいます。(オ支配人には伝えてるみたいだけど)
サムスンは心配して”どこか悪いの?”ってメール入れてるけど 返事なし!!

昼も夜も携帯が鳴るのを待ち続けるサムスン。 (T△T)
4日目に、やっとメールが
”病院にいます”って。
”どこか悪いの?そっちにいきましょうか?”とソッコーメールを入れるサムスンに
”結構です”という短い返事。 ← 韓国語で2文字しかなかったよ!!

この薄情ジノン、もうサムシクでいいよな!サムシクは、
ヒジンの定期健診に付き添ってたんですな。
同じく付き添うヘンリーが邪魔みたいで、しまいにゃ旅行を勧めたりしてます。コイツはよ!

その夜、チェジュ島から帰ってからサムスンの様子がおかしいことに気づいていたサムスン姉ちゃん、
サムシクと何かあったのかと問いただします。
”会いたい・・・”といって泣くサムスンに
世界が違うし、マジになっちゃだめだと姉ちゃん。
サムスンは、腹枕のときのサムシクのことを話し、好きじゃなかったらあんなこと言わないと言いますが
ヒジンという彼女の存在を聞いていた姉ちゃん、”甘い!目をさましな!!あんたは利用されただけ”と一喝。
「サムシクはダメ!!」と釘をさす姉ちゃん
「お姉ちゃんに関係あるの!?」
「ある!私の妹だから!!!」と言ってくれます。 姉ちゃーーーん!!(≧△≦)

そんな頃、サムシクの部屋では
ベッドでヒジンの髪をなでるサムシク。
見つめあい、腕枕し、抱き合う2人でっせーーー!!!(あ、服は着てるよ)

そんなこととは知らないサムスン。。
サムシクの体調が悪いだけとでも思ってるのかなぁ?ヒジンに会いにいったのに。。
サムシクの”自分以外の男の話を聞くな”のくだりを思い出し照れたりしてます。。。 (-△-;
そして、”会いたいです”なんてメール送ったりしちゃう!
っがあああ・・・・痛々しいよ。。奴には、サムスンの告白なんか全然響いてないんだよ。これっぽっちも。
ヒジンのことで頭いっぱいなんだよぉおーーーー!!!


サムシクが具合が悪くて休んでると思い込んでるサムスンは
翌朝、早くからエゴマ粥とミルフィーユを作って、サムシクのマンションへ。。
チャイムを鳴らして出てきたのは、
怪訝そうな顔してるけどどこも悪くなさそうなサムシク。
そして、ヒジン。。
”・・お2人でどうぞ。。”と言い残してサムスンいったん帰りかかるも、
サムシク見送りもせず、

ほんんっっと この男 サイテーーーー(怒

サムスン 背中で聞いた 部屋のドアの閉まる音に、回れ右。
も1回行って、出てきたサムシクに
”二股違反!だから契約破棄よ”とスネ蹴り喰らわして帰ります。
本当は、好きだと告白したサムスンの方が先に契約違反なんじゃ?と思いますが。(^^;
今度はサムシク追ってきた。
エレベータの中で、”ヒジンとやり直す。契約は破棄します。お金は返さなくても結構です。”ってさ。
サムスン強烈ビンタを食らわせて泣きながら
”他の言葉は気分で出たことにせよ、ハルラ山へ登ろうっていう言葉は『好きだ』という意味なの!
こんなふうに裏切るなら約束なんかするな!”と怒ります。 (>△<)
そして”好きといった言葉は取り消す。私の間違いだった”と言うサムスン。
サムシクは”ハルラ山のことは本気だった。いつか一緒に行きたい。嘘じゃない。”とか言います。

はぁ???わけわからんわーーーーーー!!!!

”ハルラ山には、彼女といけ!”
サムスン捨て台詞を残して自転車で帰ります。
が!衝撃音とともにマンション出口で転倒。

病院に運ばれたサムスン。
付き添う、サムシクとヒジン。
どうにも心労で睡眠不足だったそうで、いびきかいて寝てます!!
そこにサムスン姉ちゃんも駆けつける!!
ヒジンと姉ちゃんが(飛行機で偶然隣り合わせてワインを飲み交わした中)
外で話しているとき(これでヒジンにも契約がバレます)
やっとサムシクは携帯の留守電チェック。。
サムスンとお父さんの話を聞くことに。

帰り”車で送っていきます”って言うサムシク。
なんと!サムシクったら車買って運転してるよ!!(◎□◎)トラウマは吹っ飛んだんだね。ヒジンが帰ったら。
ショックなサムスン。断ってタクシーで帰る車内でまた泣きます。
あ、そんな浮かれサムシクは、別れ際に姉ちゃんによって制裁されました。
”今度妹に何かしたら、ぶっ殺す!!”って。

タクシーを見送るヒジンに、サムシク母から呼び出しが。
1人、サムシクの家に行くヒジン。
サムシク母とヒジンの会話によると
ヒジンに”ジノンには黙ってアメリカで治療してこい”と勧めたのはサムシク母のようです。
ヒジンも従って、そりゃー頑張って少ない生存確率を生き残って帰ってきたのに
サムシク母は「両親のいるアメリカへ帰りなさい。病弱な嫁は困るのよ。」と言います。
検査も異常なしだったし治りましたから認めてくださいと泣いて訴えるヒジン。
サムシク母は、夫も早く亡くし、長男夫婦もあんな風に逝ってしまったのにあなたまで失ったら生きていけないと。
ヒジンも、サムシク母も、それを聞いていたミジュもみんな泣いてて辛いです。


その夜
お父さんとの思い出の飲み屋で、酒を飲むサムスン。
そこで、お父さんの幻?が現れて、2人で話をします。
失意の娘をなぐさめる父。父ちゃんの眼差しが優しいです。
”傷つかずに生きて行きたいのにこのザマよ。。
 痛い目にあったのに性懲りも無くまた惚れて。そんな自分がイヤでたまらない。
 この心が石になっちゃえばいいのに”と泣くサムスン。
 うぇぇーーーーーーーーん!!!(T△T) 


なんか、書いててサムシク(ジノン)が大嫌いになってきた・・・
あんまりだわ。。
ローテンションのまま9話へ。
web拍手

私の名前はキム・サムスン 第9話

最近(-▽-;になってはまってしまった
韓流ラブコメ『私の名前はキム・サムスン』の
あらすじと個人的感想を書いてます。
ネタバレです!

**********************
第9話   (サムスン、店をやめることを決意する編)

サムスンが飲んでいたお店に姉ちゃん迎えにやってきての帰り道。
サムスン尿意をもよおして、我慢できないって。。。なんと!!野ショ〇っ!!!! 
こ、ここまでやる?・・・(◎□◎;
そのとき、サムシク母から電話が!!
明日出かけるから家の前で待っててと。

翌日、迎えにきた車には喪服をきたサムシク母、秘書、ミジュ。
”あの・・ジノン(=サムシク)さんからお話聞いていませんか?”というサムスンに
”そこまで!”と言ってそのまま連れて行くサムシク母。

ついたのはお寺
遅れてサムシクも車で到着。オ支配人と一緒に。
サムスンがいることに驚くサムシク。
”何でいるんだよ?””知らないよ、早く行け”ということを無言で表情で会話する2人。 (^□^
サムシクの兄夫婦と、オ支配人の息子さんの法事だったんですね。
オ支配人の息子さんは、事故のときのバイクの人だったんですね。
法事のときのサムシクの所作が綺麗だなって思いました

1人息子を失ったオ支配人は、怪我してベッドの上のサムシクに
息子を返せと罵ったり、叩いたりしたそうで
葬儀後半年たったくらいに、やっとサムシクもお兄さん夫婦を失ってることに気づいて
最後の手術の前にお見舞いに行ったと。サムシクは何も言わず涙をながしてた。
それから1年くらいたって、
今度はサムシクが、”店の支配人になってほしい”と何度も訪ねてきてくれたんだという話をしてくれます。
だから今の信頼関係があるんだね。(T-T)

法事後、
母に”彼女(サムスン)とは別れました”というサムシクだったけど
「許さない」と一刀両断。
ヒジンが原因なら、はやくヒジンとケリをつけろと言い残して母、帰ります。

残された、サムスンとサムシク。
なんで報告しなかったんだ、今後は何か言われたら報告しろとサムシク。
お断り!誰の言うことも聞くつもりはありませんとサムスン。
そして、退職願を渡してスタスタ歩き出すサムスン。
サムシクは車で追い越してそのまま行ってしまいます。

サムスンがヨロヨロとバスで帰ってくると、バス停にサムシクが。
”車で帰ってたら足も痛くなかったのに”とか言ってます。
そして、”パティシエのあなたに”つっって花束差し出す。
サムスンの腕がいいから失いたくないんだって。
こんなの苦手なんだからはやく受け取れというサムシクに
”跪いて” とサムスン。感動させてくれたら撤回するって。
超~~~嫌々跪くサムシク。受け取るサムスン。
「満足?」
「いいえ!」 (^▽^
「全然心が動かなかった。せっかくだから花はもらっておきます」
辞めることを取り消さないサムスンに、
それでもプロ?素人かよ!とサムシク食ってかかりますがサムスンの意思は固く。
”2週間あげる。その間イネ(サムスンの助手)を鍛えるから、それまでに後任を見つけて”と帰っていきます。
見送るサムシクがちょっと嬉しそう。
2週間あればなんとかひきとめられると思ってるのかな?



翌日、イネに指導するサムスンの元にチェリがやってきます。
もうすでに、サムスンが振られたことを知ってます。 すごい情報網だね!
で、ヒョヌの嘘を信じて、もうヒョヌに近づかないでと言って
サムスンに小麦粉をぶちまけられるチェリ。 (^▽^ チェリもお笑い担当です

怒りながらトイレに入るサムスン。 このシーンもすごい・・・こ、ここまでやる必要があるんだろうか?(^□^;
ここで隣に入ってるのがサムシク。
で、サムシクのトイレに紙が無い。。。
サムスンに分けてくれと頼むも、こっちも無いと嘘をつくサムスン。。
で、血液型別対処法なんか言ってさっさと出てきちゃう。

その後、従業員が食事しているときに
オ支配人が"だれか社長を見ていない?”というのが可笑しい!
そこにやってきたサムシク。 サムスンとの、便秘・痔には食物繊維!のやり合いがまた可笑しいです!!

その夜、女子従業員達とぱぁ~~っと踊りに行ったサムスン。
家に戻り、お父さんのつくってくれた庭のブランコで結局また泣いてしまいます。
サムスンを心配した母が、姉ちゃんに事情を問いただし 実力行使(^^;で、全~部聞き出しちゃいます。
家のためにサムスンがした契約に激怒の母!!

ちなみにその頃サムシクは
ジャズバーでヒジンと、イッチャイッチャしてます。。
そこで、ヒジンのセリフに対して”ネットで仕入れたの?”って100日記念の花束のときのことを思い出したりしてます。
あ、あと書き忘れたけど、ヒジンに耳掃除してもらってたときにも
”モモみたいに聞こえてた”って話すとこもありました。
ちょこっとずつサムスンがらみのことを口にするサムシクです。


翌日 サムスン母がお店に乗り込んできます!!社長はどこ!?って。
出勤してきたサムシクに手をあげるも、母ちゃん 小っちゃいんで届かず! 可愛い(^▽^
だけど娘のために燃える母は、サムシクをボコボコに。
止めに入ったオ支配人とも乱闘。
そこに駆けつけたサムスンと姉ちゃん。ここでやっと収まって社長室へ。

家の権利書を取り出し、”踏み倒しは論外だからこれを担保に。マンションが売れたらすぐ返す”と母。
”話はついてますから”というサムシクに 強引に押し付け
”娘は今日で辞めますから!!"といって帰っていきます。
残ったサムスンに、”仕事を甘く見るな。今日のことはなかったことに”と言うサムシクだけど
"母に殺される”って言ってサムスン去ります。
イネちゃんに、自分の製菓学校時代とかにメモした宝物のノートを貸して。

みんなに見送られながらサムスンお店を後にします。


10話へつづく。

web拍手

私の名前はキム・サムスン 第10話

最近(-▽-;になってはまってしまった
韓流ラブコメ『私の名前はキム・サムスン』
あらすじと個人的感想を書いています。
ネタバレです!

10話になって早くもサムスン欠乏症状が出始めたサムシクです。

*********************
10話    (サムスン、出会いをまたサムシクに邪魔される編)

サムスンが辞めた日の夜
店に1人残ったサムシクはスイーツの厨房にやってきます。
そこで、サムスンがイネに貸したノートを発見。
書かれたサムスンの言葉を読んで微笑むサムシク。
そこで、サムスンにメールを入れます。"(給料)10%UP”
家にてフラフープに精をだすサムスン。メールチェックして即削除!
続けてサムシク”20%UP”と送るも  サムスンすぐさま削除。
そして、サムスンは気持ちをふっきるために3話でサムシクに買ってもらった、あの(◎□◎;な服と
こないだの花束を処分します。

そうとも知らず サムスンからの連絡を待つサムシク。
電話かけるも、もちろん出るわけもなく。
やっと鳴った携帯に 慌てて ”もしもし!サムスンさん?!”と出てしまう。
相手はヒジン。。。。明日のミジュの遊戯療法についていくって話でした。

翌朝、2話でサムスンがゲーセンでゲットした豚のぬいぐるみに
サムスンが変わってしまい、ピーラー持って攻撃してくるという悪夢で目覚めるサムシク。
豚のぬいぐるみと一緒に寝てたんだ・・(^□^;
それで、ぬいぐるみをどうにか捨てようとするも、ことごとく失敗。
結局、店まで持ってきてしまうサムシク。

一方、念願の改名(サムスン→ヒジン)の許可を母からもらったサムスンは、
改名許可申請をして、それから見合いに行くことに。
姉ちゃんの服こっそり借りて、美容室で髪型を変え、お化粧もしてもらい、準備万端! 綺麗です♪

ヒジンとミジュと出かけたサムシク。
おもちゃ売り場でミジュは、台所セットをおねだり。サムスンの影響を感じるサムシク。
そして本の売り場では『モモ』を買いたいというミジュ。
こっそり自分用にも1冊買っちゃうサムシクでした。 (^□^
その後さらにサムシクは、ヒジンに対して、”サムスン”って呼んじゃったりして。。(本人気づいてないけど)
いきなりそんな調子かーーい!?(・□・;ってかんじです。
そりゃないだろうって思うけど。

ヒジンも帰りの車で”彼女とは何かあったの”って聞いちゃうよね。。

さて、そのサムスンはお見合い中。いつものラウンジです!!
相手は、これがまー!気色の悪いおっさんっっ!!しかもいきなり”月収は?”なんて聞いてくるよなヤローです。
サムスンも一応エレガントに応酬。
それをチェリとヒョヌが目撃。
”ホテルでもう見合いしてるわよ”とチェリはサムシクに携帯で告げ口。(このときサムシク『モモ』読み中)
ヒョヌはサムスンが別れたと聞いて、1人ほくそ笑んでます。。。ちょっとキモイです。。でも影の功労者なんです。

見合いのおっさんを追い返したサムスンに声をかけてきたのは
あの!!最初のお見合いをした感じのいい彼でした。
盛り上がる会話。 こんどこそ!!と燃えるサムスン。
そこにやってきたのは・・・、
はい!やっぱりサムシクです!!!
このとき、”サムスンし”でなく、もっと親しい意味と思う”サムスナ”って呼んでます♪

「コーヒーなんか!お腹の子にさわるだろ!?」 (^▽^)
さらに”イネが怪我をした”と聞かされたサムスンは、慌ててお店へ行きます。

イネの怪我なんて絆創膏をはったくらいのもので
怒り心頭のサムスン 社長室のサムシクの元へ。
そこでサムシクはなんと、他の男と会うのは契約違反だとか言いやがります。
契約は破棄したのにね?自分からでお金はいいっていってたよね?
お金は返すことになったらから復活したの??この辺わけわかりません。。

怒ったサムスンはサムシクの見ていた書類の裏に、”小切手5000万”って書きなぐり帰っていきます。
それを追うサムシクでした。

昼間のことで考え込んだヒジンは、ヘンリーを誘って夕食へ。
久しぶりの韓国料理にはしゃぐヒジンだったけど、
ヘンリーはお見通しでしたよ。
”何かあった? ・・無理して笑ってるから”と。
ヘンリーー!!あんたはいい男だよーーー!!!最初に、洋顔興味ないって思ってごめんよぉ
”キラキラしてたものも時がたてば色あせてしまうのね・・・”というヒジンに
”君は輝いているよ”ってさ♪ さすが西洋の男だね。

一方、
たぶん自分のやってることが理解できてないと思えるサムシクは
帰るサムスンを追って、と~うとう家の前までついてきます。
”再会したあの人が最後のチャンスだったのに!”と怒るサムスンに
なんとサムシク ”いい男ならいくらでも出会える”と
”あなたは魅力的だ”って言っちゃいまーーーす!!
おおお!?どうしたサムシクーーーー!!(^▽^

サムスンは ”だまされない!!”って言ってるけど。
サムシクも真剣な顔してるよ!


11話へつづく。
web拍手

私の名前はキム・サムスン 第11話

最近(^□^;になってはまってしまった
韓流ラブコメ『私の名前はキム・サムスン』
あらすじと個人的感想・萌えどころを書いてます。
ネタバレです!!

11話は やっと まってましたの展開です♪

************************
11話    (サムシク=ジノン、ついに認める あのトイレで(^□^ 編)

サムスンを追いかけてきたサムシクは
”あなたは魅力的だ。あなたが他の男と会うと腹が立つ”と言います。
”だから会うな!5000万ウォン返すまで” って付け加え。。 (-□-;もお。。
”サイテーの男だな!金で人をもてあそんで楽しいか?”とヒョヌ登場。
契約がヒョヌにもバレます。
サムシクとヒョヌが殴りあいになるところをサムスン止めに入る。
そしてサムシクに、2度とあんたとは会わない。帰って!と言い放つ。
すごすごと寂しく帰るサムシク。
残ったヒョヌにも帰ってというけど
ヒョヌったら”セクシーだ”といってサムスンに迫る。 こいつも・・・!!(-▽-;
けど、 ”お母さん!!痴漢だーーー!!”と叫ばれ
箒を持ったサムスン母に追われ、慌てて逃げる元カレヒョヌでした。

一方 サムシクは店に置いてた豚のぬいぐるみを 捨てるけど
結局また持って帰っちゃう。(首絞めたりしてたけど)
部屋に着いても、蹴ったりして八つ当たり。だけど結局 定位置に。。
「何見てんだよ。・・金ないくせに。・・おデブのくせに。」
サムシクにとってぬいぐるみが すっかりサムスンの身代わりになってます。

そのサムスン、疲れた顔でぼやいてます。
「いきなりモテたかと思ったらこのザマだよ。。
 1人は口を開けば5000万って言ってるし もう1人は変態のエロ男。。」 (≧▽≦)まったくだ 
そして夜はふけていく。


翌朝?サムスンはダイエットのため姉とランニング。
サムシクが家の前で言ったことを 姉ちゃんに話したみたいです。
サムシクのことを”女ったらし”と言い捨てる姉に、
”たらしじゃない。彼女とヨリがもどっただけ”となんだかんだ サムシクをかばってるサムスン。
そんな妹に姉ちゃんは、”待ってて! マンション売れたら5000万返して残りでお店開くから!
あんたの腕は確かだし一発あてよう!!”って。 頼もしい姉です!!!姉ちゃん!好きだーーーー!!
”ついに精米店の娘達が華麗にはばたくときがきたね♪”サムスンも喜んでます。 いい姉妹だよ♪

サムシクは母にパティシエを貸して欲しいと交渉中。
このとき、送り込んだスパイ、もうバレてるから無駄ですよってウインクするんですけど!! もお♪素敵なんですけど!!
その後、車で移動中、外の看板の女性がサムスンに見えたりして。。
か~なり重症なサムシクです。


その夜、ヒジンを送り、ヒジンからの、部屋に入らない?という誘いを
やることがあるからとかなんとか言って断り、帰っていくサムシク。
ついこないだまで、イチャイチャしてたのにね。。
自分のマンションに戻り、置いてあるサムスンの自転車を見つめるサムシク。
サムスンはというとダイエットは明日からと、ご飯をがっつき一杯やってるとこでした。 
 
サムシク、サムスンに電話。サムスン鳴るのを放置。
考えたサムシクは部屋の固定電話からもう一度かけます。知らずにサムスン出ます。
”自転車すぐにとりにきて!”だって。
”今すぐでないと売り飛ばす!!”だと。
サムスンが来ることになり、(嬉しいのか?(^□^) 待つ間に部屋で乗り回すサムシク。 
仕方なく来たサムスン。自転車にぬいぐるみ乗せてさっさと帰ろうとすると
最近どう?また太った?なんて嫌味をいうサムシク。 こいつどんだけわかりやすいんだ~(^^
だけど置いてあったモモの本を見られちゃう。ミジュにせがまれて・・などと言い訳。
サムスン、タイヤの空気が抜けてることに気づく。空気入れもないって言われて・・じゃ、送って!ってことに。

送る車の中、運転の横顔サムシク素敵ですっ!!
サムシクは不機嫌そうだけど、いろいろ質問してきます。
あの夜ヒョヌとは?彼と何を? なんでサムスンなの? 家と借金の関係は? などなど。
サムシク母の送り込んだスパイも誰かわかったみたいで、
教えて!というサムスンに”タダじゃダメ”とか会話していると・・・・、
微笑みの女王(^□^から電話。。
出ないサムシク。 いや、出られないサムシク。
ヒジンってわかったサムスンが、「出て。浮気と疑われるわ」
渋々出るサムシク。
何をしてたの?って無邪気に聞かれて、音楽聞いてるとか嘘いっちゃう。でもサムスンFMつけてフォローしてあげてます。
会話が丸聞こえで、きまずいわなぁ。。。 
頭をかかえると 目の前は赤信号!
「ストーーーーップ!!」思わずサムスン叫んじゃう。
誰かいるの?ヒジン、ショーーーック!! 運転中だから掛けなおすと切るサムシク。。。あらら。。。

怒ってるサムシクは帰り途中で車とめ "降りて”
”男って生物はこうやって嘘つくんだ。隣に女がいても1人のふり。自分が悪いのに八つ当たり?”
サムスンも嘘の現場に付き合わされて不愉快だと怒ってます。
自転車を下ろし、帰ろうとするサムシクに、
サムスンは ”あんた、私を好きなの?今日のあんたすごく変よ。”
冷たい顔で振り返るサムシク (この顔っっ!!≧▽≦)
”何も考えないで直感で答えて。私が好き?” せせら笑うサムシク。
”あんたみたいな女 誰も抱きたがらないよ。タイプじゃないし。この手まるで豚の足だ”
そんな意地悪セリフにも動じないサムスン。
”正直に言って。一瞬でも私に心が動いたことは?  あるの?ないの?”
サムシク目をそらしてしまう。
”・・ない”
”じゃぁ、もうやめて。不機嫌になったり質問攻めにしたり。女が勘違いするから。”
"それで、勘違いした?”
”したわ。 59秒ほど”
”それは悪かったね。”
自転車蹴りたおして帰っていくサムシク。   ガキめーーーー(^□^;だけどこの会話好きなのよ~ ”59秒”ってのが!!


翌朝、もちろん ヒジンのとこに呼び出されたサムシク。
”サムスンさんと一緒にいるって正直に言えば怒らなかったのに”というヒジンに
ただ謝るばかりのサムシク。。。
”もっと器用にやればいいのに。今回は大目に見るけど次はただじゃおかないから。わかった?”と
笑顔で許すヒジンでした。
・・・だけどね、すでにやられてるんですよ彼は!

その夜、またサムスンの残したノートを見に行っちゃうサムシク。
いかんいかんと首をふり、サムシク母の元に、パティシエ借りる許可をもらいにいくことに。

同じ頃サムスンのもとにはヒョヌが。
最後の儀式をしたいんだと。
サムスンの ”イブに派手にやったでしょ!?”のせリフがおかしい♪
ほんとに最後ってことで渋々サムスン車に。
着いた先は、お決まりのソウルホテル。
イブの舞台であり、これまでのお見合い会場であり、サムシク母の社長室があるところ。
サムスン、Tシャツにジャージの短パンにペタペタサンダル。。
こんなかっこじゃ入れないってのに、会員だから大丈夫!ここがいいんだとヒョヌ無理やり連れて行きます。
エレベータの前で やっぱり サムシクと遭遇!!
”バーで飲むけど一緒にどう?”とヒョヌ。
怒りまくりのサムシク。。無言です。
エレベータの中でヒョヌにサムスンの抜けた穴は大変だろといわれ
二股パティシエなんて!と捨て台詞。

バーにてヒョヌは指輪を取り出し、”結婚しよう。” (ー□ー;おいおい!?
サムスンが了承するなら破談にするっていうヒョヌ。
”破談にはしないね。あんたには誠意の遺伝子がないから。”と返すサムスンでした。

その頃サムシクは、車で帰って行きますが
運転中 今までのサムスンの言葉を思い出すばかり。。
ついについに!!サムシクの中で何かが爆発!
道路を急ハンドルでUターーン!!  行けーーー!!サムシクーーーーー♪

バーにて、破談にするとはいいながらチェリに連絡しないヒョヌ。
サムスン自らチェリに電話。あんたのフィアンセどうにかしろって伝えます。
電話を渡されたヒョヌは慌てて電話を切り ”キム・サムスン!!”って怒鳴っちゃう。
”気安く呼ぶな”とサムシク登場!! よっしゃーーーーー!!!
で、”他の男と会うな”とサムスンの腕をつかむと、”借金あるなら俺が返すよ”と負けじとヒョヌも掴む
サムシク、ヒョヌの椅子を蹴り、あ~れ~~と倒れるヒョヌ。

人をおもちゃにするな!離して!と叫ぶサムスンを引きずり
つれてきたのが、
あの、イブの出会いの男子トイレです!!  2人ほど用を足してます!!!(^□^
わめくサムスンに強烈キスをかますサムシク!!
やっとサムシクを引き離すサムスン。
”気は確か?”
”ああ”
”酔ってるの?”
”違う”
”また勘違い?”
”違う”
”ヒョヌみたいに私と浮気したいの?”
”一緒にするな!”
”もっとたちが悪いわ!”
" 違う!好きになった!あなたのことが忘れられない”
苦しいよと泣くサムスン。こんなところで泣くなというサムシク。
ここだからよけいに泣ける。あんまりだと泣くサムスン。
涙を拭いてあげるサムシク。
今日は涙は黒くないねって (^▽^
そしてサムスンを抱きしめるのでした~♪

イブから6ヶ月ちょっと。
あんな出会いをしたここ、男子トイレで、
あんな冷たい目で見ていたサムシクから強烈キスされることになろうとは!
サムスンは”最悪!っていってたけど、いやいや、そこがすっごく面白いと思っちゃいます!!


12話へつづく

web拍手

私の名前はキム・サムスン 第12話

最近(^□^;になってはまってしまった
韓流ラブコメ『私の名前はキム・サムスン』
あらすじと個人的感想と萌えどころを書いてます。
ネタバレです!!まとめきれないので・・

************************
第12話  (サムスン、ハルラ山に登ることを決心する 編)

例の男子トイレで(^-^、サムスンを抱きしめるサムシク。
”ヒジンさんはいいの?”というサムスンの言葉に動揺。
衝動的にやっちゃったんだよね。。。そんなとこあるサムシクです。
あきれるサムスンでした。

そして、サムスンを車で送り届けたサムシク。
車中でサムスンが改名申請を出してることに驚き、断固反対するサムシク。
申請を取り下げろ!サムスンがいいんだ!って。
改名は人生最大の目標であるサムスンは、二股を清算するまで口出しはさせないって撥ね付け帰って行きます。

さらにそこに姉ちゃん登場!
”あんたにはヒジンさんがいる。妹がまた傷つくから、妹にかまわないで!
 私はあんたが嫌い!5000万ウォン分不愉快よーーー!!!”と言い放ちキッと睨んでこれまた帰っていきます。
サムシク電信柱を蹴って足痛めてます。。。(^□^

マンションに帰ったサムシク。
部屋にはヒジンが来てましたーーーー!!!
掃除も洗濯もして、キムチ今つけ終わったとこだって。
気まずいよねーーーーーサムシクっ!さっきしてきたこと考えたら。。。
サムシク、言いかけるも・・・言えず!
この苦悩したサムシクの顔がっ!!かっこいいのーーーーーっっ!!!ごめんよサムシク大変なときにねぇ
結局キムチの話で誤魔化しちゃう。。
ヒジンはもちろん感じていますよ。。

で、ヒジン、サムスンを呼び出します。
”ジノン(サムシク)を振り回さないでください”って頼みます。
サムスンは”振り回した覚えはないし、人のものに手を出すような趣味はありません”とぴしゃり。
うん。サムスンは何もしてないよね。ただただサムシクが絡んできたんだよねぇぇ・・・。
そして”どちらを選ぶかは彼にまかせましょ”って。

その後サムスンは、ピアノ教室を見つけ
弾きたい曲があるんですと申し込むことに。
その曲は "愛さずにはいられない”です。
サムシクが3話で弾いていた曲です。

ヒジンはというと、ヘンリーのところへ。
なんで3年前に離れることを選択しちゃったのか・・・って悔やんでます。
サムシク母に言われたら従わざるをえなかったのかもだけど。。離れちゃやっぱダメなんだなぁ。
ヒジンも不憫です。


そしてサムシクは
夜、店で飲んでいる料理長と一緒に飲むことに。
このときサムスンのことを料理長が 
”まぁ正直女としてどうかと思うよ。抱きしめるとすっぽり胸の中におさまらなきゃ。
 彼女は図体はデカイわ、気性は荒いわで救いようが・・” (^▽^ って言うんですけど
”サムスンさんは、胸の中にすっぽりと納まりますよっ!!”ってサムシクがムキになるとこが・・好きですっ!!


ついに サムスン姉ちゃんのマンションが売れ、5000万を小切手で用意できました。
サムシクのところに行って小切手を渡し権利書を受け取るサムスン。
そしたらなんと!サムシクったら小切手ビリビリ破いてる!!!
ちょっと?!!何するの!? 何してんだよーーー!!!(◎□◎;
ヤローが言うには、”こんなお金より今はあなたが大事ってこと”らしいけど
これは全く意味がわかりません!!何度見ても!!あんまりだぁ・・・
お金もらってないってことにして契約を続けたいって意味なの??

サムスンも、そりゃもう限界。”あんたなんか父に会わせられない”って。
帰るところで、事務所に入ってきたヒジンと鉢合わせ。 (-▽-;
映画に行く約束だって。

サムシクとヒジンのデートは散々な結果に終わり
ヒジンはヘンリーのところに
サムシクはミジュのところに行きます。
ベッドでミジュに『モモ』を読んであげるサムシク。 ここのシーンが好きです!!
”疲れたからここまで”って言うサムシクに、もっと読んで欲しいミジュは腕を揉んであげます。
そしたらサムシク ”頭も痛い” (^-^;そうだね。。頭押してくれるミジュ
”心も・・”ってサムシク。 (^-^;そうだね。。
で、”叔父さんみたいな男に出会うなよ”なんて言います。
このシーンのサムシクとミジュが可愛いのなんのっ
そして腕枕して、子守唄歌ってあげるサムシクでした。
サムシクの腕枕っ!!手のひらでポンポン!!(なんて言うの?)私は、またまたまた ミジュになりて~~~~♪と思いましたあ~

翌日、ゴミをあさって、小切手回収したサムシク。
思うのはサムスンのことばかり。

そのサムスンは気持ちを変えるため?大掃除中。手を休めてカレンダーを見ます。
7月7日には自分の誕生日の印。そして7月の写真は ”山”。
サムスンもサムシクが人生やり直そうと登ったハルラ山の話をしてくれたことを思ってます。

その夜、サムスンに連絡を入れるサムシクですが、出ず。。
家の前まで行って、出てきたのは サムスンのお姉ちゃん。
サムシクに折れて、サムスンの行き先だけ教えてくれます。
”チェジュ島よ”

サムスンは、ハルラ山登山にやってきてたんですね。
サムシクがそうしたように、自分もここから出直そうと。
だけど、登山はキツイんで。。
しかも、天候は雨。。。
バテバテのサムスンが、ボヤくセリフが可笑しいです!!
「何が ”雲の上に立ってた”だ・・!お前は孫悟空かーー?!」がツボにはまりました!!

強風と雨で何も見えない山頂に、やっとたどりついたサムスン。
”もうキム・サムスンじゃない!キム・ヒジンだーーー! サムシクーーー!!私達もうおしまいだからねーー”
叫んでるところに
”誰が決めたンだ?”とサムシクがーー!!
”ヤバイ・・とうとう幻覚が・・”のサムスンのセリフが可笑しい!
”来るのが遅い!!何時間も待った!誰がヒジンにしろと言った?サムスンがいいんだ!!”
文句いっぱいのサムシク♪
だけどそこがイイ!!


13話へつづく

web拍手

私の名前はキム・サムスン 第13話

最近(^□^;になってはまってしまった、
韓流ラブコメ『私の名前はキム・サムスン』
あらすじと個人的感想萌えどころを書いています。
なのでネタバレまくりです!!

***********************
第13話   (サムシク、ついに決心する 編)

サムシクを吹っ切って再出発のためハルラ山に登ったサムスンを
頂上で待っていたのは、大荒れの天候とサムシク本人でした。

頂上で2人で雨宿り
ここのシーンのサムシクが大っっ好きです!!!はい♪ (←またかい!!)シーン自体もいいよ~♪
サムシクは契約を訂正しようって言います。 契約マニアか!?(^▽^;
今度は100億ウォンだって。返済せずとも可とかスキンシップは可!(これ重要らしい)とか言ってます。。。
相手にしないサムスン。
だけどお腹すいて動けないサムスンに、サムシクはチョコパイをあげたあと
魔法瓶からワカメスープをついで差し出します。
”誕生日だろ?”
韓国では、誕生日にその人の健康を願ってワカメスープを飲む習慣があるそうです。
すごく大切な意味のあるものらしいです。

”感動した?”
もちろんサムスン感動してるよ。
”たくさん飲め。元気な子が産めるぞ”って言うサムシク。
よく聞こえていなかったサムスンが、 ”??”ってしてるときに
サムシクが、飲んで飲んでってふうに手をひょいひょいするんだけど、これが超好きだなあ!!私的ベストシーンです

下山して、ホテルの一室。
も、もしやっ ベッドシーンか?!と思いきや
足が筋肉痛のサムスンをマッサージしてあげてるサムシク。
だけどね、もうねヤル気満々ですサムシクは!! 肉食系ですから!! (≧▽≦)
か~なり粘って迫るんですけど
サムスン ”痩せてから!!” と断固拒否。。
自分が襲っちゃいそうだから、床で寝て! とまで言う。
痩せるために2ヶ月はかかると、おあずけを喰らってガッ・・クリのサムシクでした。
ま、サムスンの大事な改名許可証破っちゃったしね。。よけい失敗したんです。

帰りの飛行機の中
店にもどってきてくれというサムシクに
二股の清算が終わらない限り自分には期待しないでと告げます。
テンションガタ落ちのサムシク。

そんなサムシクの母の元には、サムスンと思われる女とチェジュ島にいたとしっかり情報が入っています。
ヒジンはというと、サムシクに電話いれるも電源が切られていることに不安いっぱい。
ヘンリーがとばっちり受けてます。

戻ったサムシクが店に出勤すると、サムシク母が待ち構えてました。
サムスンも認めないからお見合いしろ!!って言いに来たんですが、サムシクとのやり合いが面白いです。
母がキェーーーーィ!!って叫んで壁の絵が落ちちゃったり(^□^ サムシクも ”超人の域”って言うわな。

サムシク母はそのまま、交際をやめさせるためサムスンの家へ
そこで、サムスン母と対決!!
サムスン母に ”金で人を操る男に娘はやらない” といわれて契約だったってことを知るサムシク母。
怒りまくってまた店に行くもすでにサムシク外出中。

サムシクはヘンリーのところに。
ヘンリーに勝負を持ちかけ、殴り合いになったりするんだけど
結局、ヒジンを愛しているのか確認し
最後には韓国語で ”ヒジンを頼む”って言います。
韓国語がわからないヘンリーに伝わったのかな?と思うんだけど。男同士ってわかるんですかね?そういうの。

サムスンの元には、婚約が破棄になったとチェリが泣いて抗議にきます。
粉まみれにされたサムスンはチェリと一緒にお風呂に行きます。結局はチェリも収まったかんじに。
なんだかんだでも、この2人、いい関係に思える。チェリは可愛い奴です。

それから風呂から帰ってきて、家の前に何かうずくまった存在を見つけるサムスン。
そいつは婚約を破棄されたとベソかくヒョヌでしたぁーーー! 
今度はヒョヌに付き合って飲み屋に行くサムスン。
だけど酔ったヒョヌが相変わらずなので、急所に制裁を加えるサムスン。金属のあの箸でっ!! (^□^;
”あんたらバカップルのせいで散々だよ!”と言って帰っていきます。

さて、サムシクは・・・ヒジンの部屋へ
ヒジンの足を洗ってあげながら、ついに伝えます。
”3年の間に自分も変わってしまった。・・・終わりにしよう。”って。
ヒジンから、サムスンのことを ”愛してるの?”と何度も聞かれ
頭から離れない、会いたい、って答えるサムシク。
”今は輝いて見えるだろうけど、時がたてば今の自分達みたいに色あせてしまうのにそれでも彼女をを選ぶの?”
というヒジンに
サムシクは ”人は・・・死ぬとわかっていても、生きるだろ?”と。
泣いてなじるヒジンに叩かれながら、抱きしめるサムシク。
・・・・・サムシクのセリフがいいなぁ!と思いつつ、辛いシーンです。
これ見ると、同じ別れを告げるにも1話のヒョヌとサムシクの違いが歴然としてるわなぁ(-▽-


14話につづく

web拍手

私の名前はキム・サムスン 第14話

最近(-▽-;になってはまってしまった
韓流ラブコメ『私の名前はキム・サムスン』
個人的感想と萌えどころをあらすじとともに書いてます。
ネタバレですっ!

***********************
第14話    (サムシク(=ジノン)、サムスン母に挨拶に行く 編)

ヒジンに別れを告げたジノン。 
ヒジンを傷つけたことが辛くってがっくり落ち込んでます。。

こちらもボロボロのヒジン。
ヘンリーがお粥をもって来てくれますが、2口ほどで、えずく症状に。。。

ジノンに電話がつながらなくて(車に置いたままなので)店も休んでいることを知ったサムスンはマンションへ。
やつれたジノンのためにお粥を作ってあげます。 
ジノンはお粥よりも、サムスン腹枕を所望。
そして、”明日の休み何しようか?部屋ですごしたいな”って。  そっちかい!!(^□^;
サムスン ”ダメ!!痩せてから!”と却下です。
2ヶ月も待てないというジノンに、サムスンはやることはいっぱいある!と
『彼ができたらやってみたかったことTOP7』と言ってジノンを連れ出します。

7位の『手を繋いで街を歩く』から順番にしていくんですけど
個人的に大好きだったのが
4位の『電車の中でアイシテルと叫んでもらう』
やだよと嫌がるジノンなんですけど、”2ヶ月を1ヶ月に短縮してくれる?”とサムスンに要求。
”・・・あんたそれしか頭にないわけ?!”
”うん♪”  即答です!素直です!(≧▽≦) 
”・・・わかった。1ヶ月ね。”
サムスンが渋々承知するやいなや、即!立ち上がって挨拶するジノンが可愛いすぎる!!!!
しかも、内容はサムスンという名のこの彼女と幸せになります♪でした。

そして1位は、『家族に紹介する』でした。
2話で、酔っ払ったサムスンが話していた理想の彼=「堂々と家族に紹介できる人」ってやつです。
サムスン母が怖い・・と怯えながらも、翌日ジノンは、もお♪バッチリ決めてサムシク宅へ。

母はというと、その朝に彼が家に来ると聞かされ
そりゃ準備しなきゃと立ち上がるも、”あのクソッタレ(=ジノン)に似てたら追い返すからね!”という具合。
そのクソッタレなんですよ。彼って。
案の定、現れたジノンに母の猛撃があった模様。。
とりあえず話だけでもとやっと家に上がらせてもらうことに。
途中またまたジノンが口にした妊娠の作り話に母激昂!
サムスンを攻撃し、かばったジノンが脳震盪。。
目覚めたサムスン部屋でいちゃいちゃあって、(このときの照れるサムスンが・・ちょっと引く。。)
さらに酒癖を調べるために、とっぷり飲ませられるジノン。
このとき、子供は作れるだけ作りたいというジノンに、母も好感を。頑張ります!とジノン。 (^□^

その後、カラオケへ繰り出すサムスン母子とジノン。
大盛り上がりのカラオケは、みなさんすんごいハイテンションです!!
踊るサムスン母が可愛くて妙に好き!

サムスン家で眠るジノンの元に、たぶん蚊取りマットかなんかをセットしにきたサムスン母。
ジノンの寝顔に”見れば見るほどハンサムね♪サムスンもなかなかやるわね。長生きをするのも悪くないもんだわ”ってにっこり。
よかったね、ジノン。

翌朝、映画に行こうとヒジンに電話で起こされるヘンリー。朝6時です。。ヒジン一睡もしてない様子。
その映画も途中で退席し、冷たいものが食べたいとヒジン。
しかしやっぱり、一口くらいでトイレへ直行。。。

すっかり母に気に入られ、サムスン家のちっちゃな食卓で母子と仲良く朝ごはんをとるジノン。
母に可愛い愛称をつけてもらい、嬉しそうに立ち上がって"感謝します”って言ってます。
韓ドラみて思うのは、韓国の方の、両親や年長者に対するこういう礼儀というか、姿勢がすごく立派だなって思います。
感心するところです。


そんなジノンの携帯に友達の医者から電話が。
駆けつけた病院で、ヒジンは診察を受けていました。
結果はヘンリーが予想していたとおり、神経性の拒食症らしい。。
責任感じるジノン。

その頃サムスンは、改名手続きのため役所へ。
しかし!立ちふさがるイカツイ男。そいつに許可証をビリビリに破かれるサムスン。
ジノンが改名阻止のため雇った人だったんですな。 
サムスン渾身の正拳突きをくらうその人が気の毒です(^^;
怒って電話するサムスン。だけど、ヒジンの病室にいたジノンは携帯の電池抜いてしまいます。

目覚めたヒジンが病院はいやだから帰るというので、
一人にするのが心配なジノンは、今晩は自分のところに来いといってつれて帰ります。
なんでヘンリーに看てもらわないのかな???と思います。
ヒジンは、同情されたくないしサムスンさんにも悪いと言うのですが
ジノンにとってのヒジンの存在を”彼女は理解してくれる”って。
そうかい?!そうなのか?!よくわかんないけど。。

電話がつながらないことを心配したサムスンと
ヒジンをつれたジノン
マンションエレベータでばったりです。

第15話につづく

web拍手

私の名前はキム・サムスン 第15話

最近(^□^;になってはまってしまった
韓流ラブコメ『私の名前はキム・サムスン』
個人的感想・萌えどころをあらずじといっしょに書いてます。
ネタバレです!!!

**********************
第15話  (サムスン、最後のお願いに悩む 編)

ジノンのマンションでヒジンを連れたジノンに出会ってしまったサムスン。訳わからず。
サムスンに待っててと言って、ジノンはヒジンを中にいれ休むように言い
外のサムスンのところに説明に戻ってきます。
ヒジンは拒食症で具合が悪いから一人に出来ないってというジノンに
サムスンは納得できず、じゃ自分も一緒にいるって部屋に入ります。
このときのジノンの部屋への暗証番号が「4448」♪ヒジンとおそろいから変えてますよ~
サムスンのATM暗証番号と一緒になってます!!2話でよっぱらって口に出してたやつです。


ヒジンに ”食べなきゃ具合も悪くなるわ。何か作る”というサムスン。
だけど、夜も遅いので朝一番で作るということに。。
きまずーーーい感じの中、
いたたまれないので ヒジンが ”帰ります。帰ろうとしていたとこなの”と。
”どうしてもムリ? そりゃそうだろ。。。(--;  ・・・じゃあ私が帰ります”と帰っていくサムスン。

家に帰ったサムスンが、ジノンがサムスン母に贈った犬=名前は『5000万』に
”恋なんてやめとけ。つらいことばっかり”とぼやいてると
ジノンからとサムスンを気遣う電話が。(バスルームからかけてます)
サムスンすっかり機嫌も直り、”やっぱ恋っていいもんだよ”って5000万に言ってます。

翌朝、サムスンは約束どおり、お粥とキムチもってジノンのマンションへ。
だけど、ヒジンは夜中にこっそり帰ったらしい。。。
ヒジンの住所を教えてと 持っていく気のサムスン。
迷惑だからよせってジノンは言うのですが、サムスンは
”わかってる。でも病気なんだから治すのが最優先でしょ? 心配?”と。
笑って首をふりながらジノンは ”信じてる。行けよ”って言います。 この2人のやりとりが好きです

ヒジンのところにやってきたサムスン。
もちろんヒジンは大迷惑ですわね。。。。
食べて見せてくれというサムスンと 帰ってくれというヒジンで
結局、髪掴み合いになったところで、やってきたヘンリーが止めます。

ヒジンがむっつり点滴受けてるその横で
サムスンはヘンリーに花札を教え、勝負を始めます。
結局、ヒジンがヘンリーに加勢して、サムスンン大損。。。ぼやきながら帰っていきます。 (^□^
花札で遊んでちょっと元気になったヒジンにヘンリーは
”誰もが未来へ進んでいくのに君だけが止まっている。動かなくなった時計みたいだ。電池かえようか?”
ヒジンもついに決心したみたいで ”アメリカに帰るわ”って。

その夜、ジノンを呼び出したヒジンはアメリカに帰ることを伝えます。
そして、お願いがあると、「アメリカまで私を送って」だって。1人じゃ辛いから付き合ってって。
 はい?!なに言ってるのですかい?(◎□◎)
ジノンはしばらく考えたのち「わかった」と答えます。



改名手続きをまたしてもジノンの送り込んだマッチョ男にじゃまされたサムスン。
そこにチェリから電話が。”ジノンさん、今お見合い中よ♪”だって。
もちろん場所は、お見合いの聖地、例のホテルラウンジでございます。
今度はサムスンが乗り込んでいくんですがジノンは
”この人です”と見合い相手に言ってます。
さらにサムスンが ”今日は産婦人科の健診でしょ?”とジノン版。
”この手が効くんですよ”ってジノンさらに説明。
どうやら相手の女性も、見合いさせられて困ってる人だったみたいです。 

そしてサムスンはミジュとジノンと水族館へ。
親子のようなその様子。
ジノンのマンションに帰って、サムスンが『モモ』を読み聞かせすると寝てしまうミジュ。
ジノンは、サムスンにアメリカ行きの話をします。
ヘンリーも一緒に行くのになんでジノンまでついていく必要があるのか納得できないサムスン。
まったくもってそのとおり!!さっぱり意味がわかりませんです。
最後だから送ってやりたいというジノンと言い合いになります。

そしたらその声に起きてきたミジュが
”ケンカをしちゃだめ。”って泣きながら言います。
言葉を発したミジュに、涙目で謝るジノン。。 言葉が出てよかったよお。泣かせちゃって可哀想でもあります。
その後、サムスンを送ったジノンは サムスンが反対なら自分はもう行かないよと言いますが
サムスンの機嫌は直らず。。。

翌日、サムスンはヒジンの元に。
なんであんなこと頼むのかと聞くサムスン。
ヒジンは、2人の思い出に最後の礼をつくしたいと。つまりはお別れ旅行だって言う。
思い出つくるの?別れた後の?うーーーん、やっぱり訳わかりません。。。
そしてサムスンにお粥のはいってた魔法瓶を返します。全部食べたって。
サムスン喜ぶも、彼は絶対に行かせないからって帰ってきます。

家に帰ってくると、ジノンが待ってました。
連絡とれずにいたので、どこに行ってたんだ!外出するときは1時間おきにメールしろとか怒ってます。 (^^;
ヒジンのところに言ってきたとサムスン。
もし私が許したら行きたい?と聞くサムスンに、ジノンは 送ってやりたいと。
サムスン ”行ってくれば”と言ってあげます。
たまらず抱きしめるジノン。
”あなたのためじゃない。この方が私がラクだから”  というサムスンの気持ちわかるなぁ。。
この後、ジノンも改名してもいいって折れ、
それから、君をポッケに入れて歩きたいだの、マフラーになって独り占めしたいだの
ラブラブな2人の会話が続きます♪
サムスンの ”ヒジンさん、全部食べたんだって。・・だから、もう心配ないよ”というセリフが好きです。

翌日?サムスンが役所に行くと
もうジノンの雇った妨害要員はおらず、
改名手続きはスムーズに。。
だけど、サムスンは書類を返してもらい、
今日が期限のその届けをビリビリっと破いちゃうのでした。

そして、ジノンが約束した1週間。
だけど、彼は帰ってこなかった。。ってとこで

最終話へつづく

web拍手
HOMENEXT →
広告: